gaku-kaku.jpg

2010年09月09日

国家資格に合格するための記憶術

不況の時代が続いています。

こんな時代だからこそ、資格を取る人が増えています。

とくに国家資格は経歴に大きなハクをつけることができるだけにとても人気がありますね。

中には司法試験や公認会計士など難関で知られる国家資格に挑戦する人も。

そんな国家資格に合格するためには、やはり記憶力が重要になるのです。

何しろ、司法試験などは、あの膨大な法律を覚えなくてはなりませんからね。


そんな国家資格に合格するための記憶術として挙げられるのが速読術。

通常よりも数倍の速度で文章を読むことができるのが速読術です。

これは瞬間的に処理できる情報量を大幅に増やすことによって可能になります。

速読術というと「あんなに早く読んで本当に頭に入っているのか?」

と、疑問に思う人も多いようですが、脳の働きを活性化することで読む速さだけでなく理解力、記憶力も大幅に上昇することができるようです。


情報量と速度が高まればその分記憶できる量も増えることに…

世の中にはさまざまな速読術やトレーニング方法があります。

国家資格はとくに暗記する量が多いだけに、速読術がうってつけ。

試験対策に試してみるときっと効果もあがるはず?


まずは気軽にできる学習訓練を、無料で試してみてください。






無料で学習訓練を試してみる




記憶の容量を引き上げるポイントがわかります。
posted by no!kagaku at 05:00 | TrackBack(1) | 資格や試験に合格するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

頭がよくなる方法とは

頭がよくなりたい…と思っている人は案外多いもの。

壁にぶつかるたびに自分の能力の限界を痛感してしまうのは私だけでしょうか?

しかし本当は頭が悪いのではなく、そのほとんどは自分の能力を十分に出し切れていないからなんです。


頭がよくなる方法…

それは、どれだけ自分の能力を引き出すことが出来るかで決まってきます。

人間の脳は日ごろほとんど使われておらず、潜在能力が眠っているとよく言われています。

あなたも聞いたことがあると思います。

それをどれだけ引き出すことができるかが頭の良し悪しに影響してくるのです。


そして、その時に大事になのはプラス思考。

人間は意識・無意識に限らず自分の限界を設けてしまいがち。

「これ以上は無理」

「どうせ頭が悪いから」など。

そんな考えは捨て、プラス思考で望むことが大切です。

目標も少し高めに設定しておくといいですね。

プラス思考で望むだけでも、潜在能力を引き出しやすくなるでしょう。


さて…
頭がよくなる方法というと高価なテキストやスクールに通う…なんて思っていませんか?

そんなことをしなくても良くなる方法があります。

まずは、自分で自分の能力を引き出してみましょう。

能力を引き出す秘訣は、このレポートの中で暴かれています。





http://www.wn-project.net/next/230-9.htm


気になったら、今すぐ読んでおいてくださいね。



posted by no!kagaku at 17:31 | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。