gaku-kaku.jpg

2011年07月14日

知識を忘れる

せっかく覚えた知識を忘れてしまう。そんなこともよくあるものです。

ではどのようにして忘れるのを防ぐことができるのでしょうか。


知識を忘れる原因はおもに2つ。

まずしっかりと身についていなかったこと。

記憶するためには反復による習得が不可欠ですが、
ある程度時間を置いた状態で確認しておくことも大事です。

集中的に反復しただけで終わらせると
時間の経過とともにあっさりと忘れてしまう場合があります。


もうひとつがインパクトが弱かったこと。

単に言葉だけで覚えた場合、どうしてもインパクトが弱く、
他の情報が入ってきた場合にはじき出されてしまいます。
強烈なインパクトがある記憶は時間が経っても忘れないものです。

ですから、覚えたい知識にインパクトを添えることが大事です。

ビジュアルイメージを加えながら覚えたり、
特殊なシチュエーションで勉強するなど。

頭に強く刻み込ませることが大事なのです。


知識は時間が経った後でもいつでも引き出せるようになって
はじめて自分のものとなります。

ぜひともしっかりと脳に刻み込むような勉強をしたいものです。



知識を忘れつつ、常に柔軟な気持ちで、
貪欲に記憶に対して好奇心を持ってみてください。

ラベル:知識
posted by no!kagaku at 07:00 | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。