gaku-kaku.jpg

2011年07月17日

脳の力で数倍の知識を吸収するには

丸暗記による詰め込み教育が問題になっていますが、
身につけた知識は応用にも不可欠となりますし、
豊かな発想や思考力を身につける土台となってくれます。

そのためにも記憶力は能力開発に重要な意味を持っています。

そんな記憶力は脳の働きによって決まります。

ですから脳の力をもっと引きだすことができれば
これまでよりも数倍の知識を吸収することも可能になるのです。


より多くの知識を吸収するにはどれだけ
記憶に残しやすい覚え方をするかがポイントになります。

文字情報をそのまま暗記しようとすると
その部分の脳しか使わないことになります。

しかしそこに音やビジュアル、匂いなどの情報を加えることでより
幅広い脳の部分を使うことができ、知識の吸収効率がアップします。

ですから、知識を吸収する場合にはひとつの知識に
さまざまな情報を付加することが重要になります。

もっとも手軽なのがビジュアルでしょう。

歴史上の出来事も写真や絵画が伴っていればその分覚えやすいもの。


このように、記憶力は脳が働く余地を増やすことが重要になるのです。
ラベル: 知識
posted by no!kagaku at 06:00 | TrackBack(0) | 目的達成のための記憶術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

イメージ力と目標達成の関係

イメージ力というとどのようなものを連想するでしょうか。

創作など芸術的な才能を連想する人もいるかもしれません。

しかし実際にはそのような才能の問題ではなく、
自分の持っている力を引き出すために必要となる力なのです。


イメージ力とは必要なことを相応しい形でイメージすることができる能力です。

たとえば暗記。記憶する際には単に言葉を詰め込むのではなく
イメージを膨らませたうえで脳に刻み込むと覚えやすくなります。


それから目標や計画。

目標を達成するためにはどのようなことをすればよいか、
具体的なイメージとして思い浮かべることでより
現実的なプランを立てることができるでしょう。

さらに、目標を達成した時のイメージを
あらかじめ設定しておくことでより前向きに、
集中力を高めた状態で目標へと進んでいくことができます。


このように、イメージ力は脳の力を引き出し、
目標達成へと突き進めるために不可欠な能力なのです。

何か目標を立てる際にはこのイメージ力を
うまく駆使できるかどうかがポイントとなるでしょう。
posted by no!kagaku at 06:00 | TrackBack(0) | 目的達成のための記憶術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

記憶術で目的を達成するためには

記憶術で目的を達成するためには継続的な記憶力アップが不可欠です。

試験など目的を達成するためには長期的な
計画を立てた上で勉強をしていく必要があります。

一時的な記憶力アップ、あるいは詰め込みだけでは
充分な成果を挙げることは難しいでしょう。


長期的に記憶力をアップさせるためには生活習慣に注意が必要です。

規則正しい生活習慣が記憶力を継続的に
維持させるために不可欠になるのです。


人間は体内時計が正常に機能している状態の中でもっとも効率よく働きます。

脳や記憶力もその例外ではありません。

もっとも良くないのが夜更かし。


夜遅くまで勉強している人も多いかもしれませんが、
記憶力がもっとも高まるのは午前中。

早起きして午前中に集中的に勉強する習慣をつけた方が
ずっと効率的に記憶力をアップさせることができます。


このように、日常生活の改善は目的を達成するためには不可欠の条件です。

思うように暗記できないと思っている人は
まず日常生活を見直してみると良いでしょう。
ラベル:記憶術 達成 資格
posted by no!kagaku at 06:00 | TrackBack(0) | 目的達成のための記憶術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。