gaku-kaku.jpg

2011年07月12日

難関大学に合格する知力

大学入試はその人の人生に大きな影響を及ぼすものです。

どの大学を出たかでその人の知力が判断されるといってもよいでしょう。

難関大学に合格できる人は元々知力が高い人、
合格できない人は知力があまり高くない人。

だからいくら努力しても限界がある。そんな考え方が支配的です。


それだけに、難関大学に合格するだけの知力が必要になります。

これは生まれつきの才能よりも努力、
さらには勉強の仕方が大きくモノをいいます。


とくに重要なのが勉強する環境。
とくに自然と勉強するような環境作りが大事です。

難関大学に合格する子供では1人部屋ではなく、
家族と一緒の部屋で勉強していることが多いといわれています。

それも自然と勉強する環境が整っているから。


恵まれた環境が必ずしも知力・学力アップに結びつくとは限らないのです。


その他夜更かしや朝寝といった勉強の効率を下げるような環境にも要注意。

難関大学に合格する知力とは勉強を特別なものとせず
日ごろの習慣として捉えることができるかどうかといってもよいでしょう。


知力は高めれば伸びます。
タグ:資格 合格
posted by no!kagaku at 06:00 | TrackBack(0) | 資格や試験に合格するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

国家資格に合格するための記憶術

不況の時代が続いています。

こんな時代だからこそ、資格を取る人が増えています。

とくに国家資格は経歴に大きなハクをつけることができるだけにとても人気がありますね。

中には司法試験や公認会計士など難関で知られる国家資格に挑戦する人も。

そんな国家資格に合格するためには、やはり記憶力が重要になるのです。

何しろ、司法試験などは、あの膨大な法律を覚えなくてはなりませんからね。


そんな国家資格に合格するための記憶術として挙げられるのが速読術。

通常よりも数倍の速度で文章を読むことができるのが速読術です。

これは瞬間的に処理できる情報量を大幅に増やすことによって可能になります。

速読術というと「あんなに早く読んで本当に頭に入っているのか?」

と、疑問に思う人も多いようですが、脳の働きを活性化することで読む速さだけでなく理解力、記憶力も大幅に上昇することができるようです。


情報量と速度が高まればその分記憶できる量も増えることに…

世の中にはさまざまな速読術やトレーニング方法があります。

国家資格はとくに暗記する量が多いだけに、速読術がうってつけ。

試験対策に試してみるときっと効果もあがるはず?


まずは気軽にできる学習訓練を、無料で試してみてください。






無料で学習訓練を試してみる




記憶の容量を引き上げるポイントがわかります。
posted by no!kagaku at 05:00 | TrackBack(1) | 資格や試験に合格するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。