gaku-kaku.jpg

2011年07月16日

勉強で苦労している人は読んでください

一生懸命勉強しているのに成績アップにつながらない、
大事なことがなかなか覚えられない。

そんな人も多いのではないでしょうか。

それは頭のデキが悪いから、ではなく、勉強方法に問題があるのです。


勉強の効率を上げる方法はおもに2つ。

記憶力と集中力のアップです。

長い時間勉強していても集中力が欠けていれば
ただ漠然と参考書に目を通しておしまいになってしまいます。


記憶力と集中力をアップさせるためには適度に休息を挟むこと。

そして勉強方法に起伏を持たせることです。

人間同じことを繰り返していればどうしても集中力がダウンします。

適度に休憩を挟むこと。あるいは勉強する内容を
適時切り替えることで脳をリフレッシュするのです。

つねに新しいものに取り組むという意識を
持ち続けることで集中力を持続し、
勉強の効率をアップさせることができるでしょう。


勉強で苦労している人はまず長時間勉強していれば
よいという考えから離れる必要があるのです。


大切なのは集中力の持続なのです。
タグ:勉強
posted by no!kagaku at 05:00 | TrackBack(0) | 成績アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

頭の効果的な働かせ方

成績のいいひと、世に言う「頭のいい人」は生まれつき
才能に恵まれているというよりも頭の働かせ方がうまいケースが多いようです。

こういった人たちは意識・無意識を問わず
頭を効果的に働かせる方法を知っているのです。

では頭を効果的に働かせるためにはどうすればよいのでしょうか。


それには五感の活用と適度な反復がカギを握ります。


五感の活用とは何かを覚える時、考える時に
五感全体を活用するようにすることです。

たとえば匂いは強烈な記憶を残すもの。また音も記憶に残りやすいもの。

なかなか覚えられない難しい単語も音や
匂いが伴えばすぐに覚えることができます。

そういった五感をうまく活用する心がけが大事になるのです。


それから反復。どんなに頭がいい人でも時間が経てば忘れるもの。

適度に思い返して反復することで記憶を強化することが必要です。

短期間に集中して頭に叩き込むのではなく、適度に
感覚をあけて何度も反復することによって
継続的な記憶力を得ることができます。


こういった効果的な頭の働かせ方を身につけることによって
成績アップを目指すことができるでしょう。


どうせ成績UPを狙うなら、楽しんで勉強しませんか?
posted by no!kagaku at 06:00 | TrackBack(0) | 頭のトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。