gaku-kaku.jpg

2011年07月14日

知識を忘れる

せっかく覚えた知識を忘れてしまう。そんなこともよくあるものです。

ではどのようにして忘れるのを防ぐことができるのでしょうか。


知識を忘れる原因はおもに2つ。

まずしっかりと身についていなかったこと。

記憶するためには反復による習得が不可欠ですが、
ある程度時間を置いた状態で確認しておくことも大事です。

集中的に反復しただけで終わらせると
時間の経過とともにあっさりと忘れてしまう場合があります。


もうひとつがインパクトが弱かったこと。

単に言葉だけで覚えた場合、どうしてもインパクトが弱く、
他の情報が入ってきた場合にはじき出されてしまいます。
強烈なインパクトがある記憶は時間が経っても忘れないものです。

ですから、覚えたい知識にインパクトを添えることが大事です。

ビジュアルイメージを加えながら覚えたり、
特殊なシチュエーションで勉強するなど。

頭に強く刻み込ませることが大事なのです。


知識は時間が経った後でもいつでも引き出せるようになって
はじめて自分のものとなります。

ぜひともしっかりと脳に刻み込むような勉強をしたいものです。



知識を忘れつつ、常に柔軟な気持ちで、
貪欲に記憶に対して好奇心を持ってみてください。

タグ:知識
posted by no!kagaku at 07:00 | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

記憶力低下の真実

人間は年をとると記憶力が低下すると言われています。

脳の機能が衰え、情報を処理できなくなる、とも。

年齢とともに衰えていくものなのだから
仕方がないと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際は異なります。


それはさまざまな記憶術において年齢に関係なく
記憶力アップが実現されていることからも明らかです。

記憶力低下の真実はその人が脳の能力を
十分に引き出せなくなった点にあるのです。


たとえば日常生活のルーチン化。

毎日同じ環境で同じ仕事をしている。

そういった状況が続くと脳に刺激がいかなくなり、
限られた能力だけが使用されるようになり、
十分な能力を発揮できなくなります。


それから生活習慣の乱れ。

食生活の乱れや不規則な生活によって
脳の働きが阻害されてしまっている場合もあります。


「もうトシだから難しいことは覚えられない」といった
マイナス思考も記憶力低下の大きな原因。

こういったマイナス面を改めれば
再び記憶力アップを目指すことも可能でしょう。
タグ:記憶力
posted by no!kagaku at 06:00 | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。